1階・企画展示室では、さまざまなテーマにもとづき国内外の美術を紹介する展覧会を年5回程度開催しています。

ただいま開催中の企画展示

やなぎみわ展 神話機械

2019年7月6日[土]~9月1日[日]

 

                《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》(部分)  2016年 作家蔵

    出品リスト.pdf
 現代美術のみならず演劇界でも忘れられないアートシーンを作り出してきた美術家やなぎみわ(1967- )。《エレベーター・ガール》で注目を浴びたやなぎは、《マイ・グランドマザーズ》や《フェアリー・テール》といった写真作品シリーズで世界的に評価を受けました。2010年からは演劇プロジェクトを手がける一方、2016年からは日本神話をモチーフに、福島市内の果樹園の桃を撮影してきました。桃の文化史的な意味を背景に、人間の歴史や運命を問いかける新シリーズを今回日本で初めて発表します。また本展に向け、京都、高松、前橋の大学、高専、そして福島県立福島工業高校と連携した「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、マシンによる神話世界が会場に生み出されます。
 待望された約10年ぶりの本個展では、これまで以上にやなぎの汲み尽くせぬ創造の泉に迫ります。

やなぎみわプレスリリース福島.pdf 

展覧会チラシ表.pdf 展覧会チラシ裏.pdf

◆会期:2019年7月6日(土)~9月1日(日)

◆会場:福島県立美術館 企画展示室

◆開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

◆休館日:毎週月曜(7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)

◆観覧料:

  当日 前売・20名以上の団体
一般・大学生 1,000 800
高校生 500 400
小・中学生 300 200

 

 

 

 

 

 

 ★モバイル・シアター・プロジェクト《神話機械》は1日3回無人公演を行います
  公演時間(各回約16分間)
  ①11:00~ ②14:30~ ③16:00~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《神話機械・ムネーメー(投擲マシン)》2019年 撮影:表恒匡

 


●関連事業

■担当学芸員によるギャラリートーク
 7月27日(土)、8月10日(土) いずれも15:00~16:00
 *観覧券購入の上、企画展示室入口にお集まりください。

■触って、話して、見て楽しむ美術鑑賞ワークショップ「神話と機械を見聞きする」
内容:日本神話を題材に福島の桃を撮影した写真の新シリーズや、福島工業高校などと連携して制作したロボットたちによる演劇空間「神話機械」を、見えない人、見える人一緒に、触ったり、音に耳を澄ませたり、話したりしながら鑑賞します。
 日時:9月1日(日) ①10:30~12:00 ②14:00~15:30
 会場:美術館講義室、企画展示室
 講師:やなぎみわ氏、当館学芸員
 協力:半田こづえ氏(明治学院大学非常勤講師)
    真下弥生氏(ルーテル学院大学非常勤講師)
 費用:無料
 対象:各回中学生以上の視覚障がい者5名程度、晴眼者5名程度
 申込期限:8月20日(火) *電話で当館にお申し込み下さい。

 

■ライブパフォーマンス『MM』 終了しました

 MMチラシ福島会場.pdf ★パフォーマンスの様子を紹介しています→MM.m4v

    日時:7月13日(土)、14日(日) 19:30開演予定(19:15開場)上演時間1時間程度
 構成・演出:やなぎみわ
 出演:高山のえみ 音楽:内橋和久
    会場:美術館企画展示室
    定員:各回先着90名
  料金:一般・大学生2,000円、高校生1,000円(展覧会観覧券付き)、展覧会観覧割引・無料となる場合も左記料金
  *小・中学生は企画展観覧料のみでご覧頂けます。ただし保護者同伴に限ります(要予約)
  *未就学児の入場はご遠慮ください
  *美術館総合受付にて販売中・電話予約可

■やなぎみわトークショー  終了しました
 日時:7月6日(土) 14:00~  
 講師:やなぎみわ氏、聞き手:早川博明(当館館長)
 会場:美術館講堂
 料金:無料

 

 

<本展広報素材、取材をお求めの方へ>やなぎ展画像貸出申込書.pdf

次回の企画展示

生誕120年・没後100年 関根正二展


《子供》 1919年 石橋財団アーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館)蔵

 今から100 年前、宗教的感情にみちた作品を描き、20 歳2カ月で夭折した画家・関根正二(1899–1919)。彼は福島県白河に生まれ、東京移住後16 歳でデビュー、19 歳のときに描いた《信仰の悲しみ》(重要文化財)が二科展樗牛賞を受けますが、翌年スペイン風邪で急逝しています。対象を刻み込む卓越した素描力と、朱や青緑色の鮮烈な色彩による神秘性を漂わせた作品群は、今なおわれわれの心をとらえて離しません。

 展覧会は関根の作品約100点、資料約20点、書簡約40点に加え、同時代の文学者や画家たちの作品と資料約50点をあわせて展示します。新たに発見された作品や資料を含む、過去最大の回顧展となります。

 

◆休館日 9 月17、24、30日/10月7、15、21、28日/11月5日

◆観覧料 *前売券は7月17日-9月13日まで販売

  当日 前売・20名以上の団体
一般・大学生 1,000 800
高校生 500 400
小・中学生 300 200

*ふくしま教育週間:11月1-7日は高校生以下無料(11月5日は休館)

 


関連事業

■講演会:美術館講堂にて、14時~15時30 分(13 時開場) 聴講無料 予約不要
 
① 「永遠の、《子供》と関根正二」 9月14日(土)
   講師:貝塚 健 氏(石橋財団アーティゾン美術館 教育普及部長)
 ② 「久米正雄と美術」  10月14日(月・祝)
   講師:小谷野 敦 氏(作家、比較文学者)

■ゲストトーク:企画展示室にて、14 時~15時30分 要観覧券
 ① 「 油彩画の技法と読み解くヒント」 10月6日(日)
      講師:田中 善明 氏(三重県立美術館 学芸普及課長)
 ② 「 関根正二の『塗り残し』」 10月20日(日)
   講師:小林 俊介 氏(山形大学 教授、画家)聞き手:堀 宜雄(当館学芸員)

■ギャラリートーク:企画展示室にて、14時~15時 要観覧券
  ①9月22日(日)  ②10月19日(土)  ③11月1日(金)