2階・常設展示室では、当館の収蔵作品をご紹介しています。
常設展示は通常、年間4期に分かれており、本年度は下記のスケジュールに基づき開催します。
(期間中、展示替えを行う場合があります。)

ただいま開催中の常設展示

第Ⅱ期常設展示

特集「美のおもちゃ箱-河野保雄コレクション展」

会期:2019年6月29日(土)〜9月1日(日)

 福島市出身の実業家・河野保雄(1936-2013)は、音楽評論家であるとともに、関根正二や青木繁、長谷川利行など近代美術の収集家として知られています。1990年にはコレクションを公開する「百点美術館」を福島市新町に設け、2006年に閉館するまで地域の文化サロンとして親しまれました。1996年、作品の一部を府中市美術館に譲渡。その後、竹久夢二や初山滋、谷内六郎など愛らしく、ユーモアに満ちた小品を「美のおもちゃ箱」と名付け、収集しました。
 この特集展示では、2013年度に当館に寄贈された作品・資料あわせて288点を常設展示全室でご紹介します。青木繁からガラス絵、こけしまで、幅広く自由に集められた作品群は、個人コレクションならではといえるでしょう。おもちゃ箱の中から、お気に入りを探すような気持ちで作品をお楽しみいただければ幸いです。

 ●特別講演会「生きている河野保雄コレクション」
   日時:7月28日(日)14:00~
   講師:早川博明(当館館長)
   会場:美術館講堂
  *聴講無料 *事前申し込み不要

 ●担当学芸員によるギャラリートーク
  日時:6月30日(日)、8月4日(日) いずれも14:00~15:00頃
  *常設展観覧券ご購入の上、2階常設展示室入口にお集まりください。

青木繁《漁夫晩帰 下図》1908年


 
 

作品リスト 河野保雄コレクション 作品リスト.pdf 〔404KB〕