美術館への年賀状展

毎年恒例の「美術館への年賀状展」。福島県内の小・中学生のみなさんからお送りいただいた楽しい手作りの年賀状を、エントランスホールに展示しています。
「美術館への年賀状展」では賞の授与は行いませんが、届けられた年賀状はすべて展示します。版画やイラスト、はり絵など、こどもたちの豊かな創造力がかいま見える本展は、美術館の新春の風物詩となっています。


2021年度開催のお知らせ


美術館への年賀状展

[展示期間]2022年1月12日[]〜30日[] *終了しました

[会場]美術館エントランスホール *観覧無料

 

 新春恒例の展覧会として親しまれている「美術館への年賀状展」も34回を迎えました。今年は171通の作品をお寄せ頂きました。
 この展覧会は『生活と美術の関わりを知り、美術により親しんでもらう機会とする事』や『子どもの自由な発想と多様な表現の発表の場をつくる事』などを目的に、開かれた美術館づくりの一環として1984年の開館時より開催しています。
 通信手段の進化に伴い、年賀状の習慣や様式も変化してきましたが、子どもたちが素直な気持ちで描いた絵や、新年に向けての願いを込めた言葉は、時代を越えても変わることなく見る側を笑顔にしてくれます。どうぞ子どもたちの個性豊かな年賀状をお楽しみください。

 【*集計結果 小学生11通/中学生140通/高校生19通】