過去に開催した事業一覧

事業一覧 *敬称略、肩書きは当時

【展示事業】
○企画展
日本や世界の様々なジャンル、様々な時代の美術を紹介する展覧会です。
 >> 過去の企画展一覧

○移動美術館
当館所蔵作品の一部を、県内の文化施設で展示公開する事業です。
 >> 開催実績一覧

【教育普及事業】
○実技教室(1984-2016)
 利用者の美術に対する多様な要求に応えるとともに、表現の喜びを味わい鑑賞の一助とする目的で行われたものです。現在は「創作プログラム」として継続開催しています。
 >> 講座一覧
 >> 活動レポート

○美術鑑賞講座(1984-2005)
 国内外の様々な時代の美術について、スライドや資料を用いて学芸員が多様な視点から作品を解説し、楽しみながら美術への関心を高める目的で開催しました。現在は「館長講座」を開催中です。
 >> 講座一覧

○定期講演会(1984-93)
 1984「関根正二とその時代」匠秀夫(神奈川県立近代美術館長)
 1985「アンドリュー・ワイエスの芸術」桑原住雄(武蔵野美術大学教授)
   「詩のなかの住まい・絵のなかの家」芳賀徹(東京大学教授)
   「日本美術の特性」河北倫明(京都国立近代美術館長)
 1986「美術の楽しみ」本間正義(埼玉県立近代美術館長)
   「絵画の修復」黒江光彦(美術史家、絵画修復家)
 1987「安井曾太郎と梅原龍三郎」富山秀夫(東京国立近代美術館長)
   「近代美術の西洋と日本」高階秀爾(美術史家、東京大学教授)
 1988「われ逝くもののごとく」森敦(作家)
   「私の“空想の美術館”」原田実(当館館長)
 1989「色と文化─画家と色彩」赤穴宏(武蔵野美術大学教授)
 1990「美術・人・出会い」窪島誠一郎(信濃デッサン館館主)
 1991「名画の秘密」小谷野匡子(絵画修復家)
 1992「速水御舟の人と芸術」吉田耕三(元東京国立近代美術館総括主任研究官)
 1993「絵本と子供の世界」古田足日(児童文学者)

【視聴覚事業】
○映画会(1984-2006)
 県民と美術館の接点を広げるとともに、映画芸術に対する理解を深める目的で月1回程度開催しました。
 >> 上映作品一覧

【その他】
○記念事業
 開館記念事業(1984)
 ・開館記念講演会「日本洋画の出発と展開」嘉門安雄(ブリヂストン美術館長)
 開館5周年記念事業(1989)
 ・ミュージアムコンサート「N響メンバーによるヴァイオリンとヴィオラの夕べ」
 ・創作広場「夏の風物詩」
 ・公開制作「萬祝式大漁旗をつくる」宮澤紀年(染物師)
 ・記念講演会「日本美術の特色と魅力」辻惟雄(東京大学教授)
 開館10周年記念事業(1994)
 ・記念展の開催「ルネサンスの絵画展」「日本画の風景展」
 開館20周年記念事業(2004)
 ・記念展の開催「田園の夢展」
 開館25周年記念事業(2009)
 ・記念展の開催「アートの遠近展」「文化の力展」「アルバム展」
 ・記念シンポジウム
   基調講演「美術館は地域の文化資源」酒井哲朗(当館館長)
   シンポジウム「地域と美術館」
   パネリスト:今野順男(福島大学学長)、糠澤修一(福島テレビ代表取締役社長)、阿部幹郎(福島商工会議所青年部会長)、阿部泰宏(シネマ・シアターズ福島フォーラム総支配人)、山下治子(ミュージアム専門誌『ミュゼ』編集長)、酒井哲朗(当館館長)
   コーディネーター:鞍田炎(福島民報社文化部長)
 ・記念講演会「日本洋画・青年たちの群像」寺田農(俳優)

○震災復興関連事業
 トらやんの方舟計画(2011)
  「トらやんの空飛ぶ方舟大作戦!」ヤノベケンジ(美術家)
 あそVIVAびじゅつかん(2011)
  「koi鯉アートのぼり&プレイルーム」渡邉晃一(美術家、福島大学教授)
  「こどもオーケストラ」大友良英(音楽家)
  「デイリリー・アート・サーカス」開発好明(美術家)
  「ルーマニアの子どもたちからの応援メッセージ」
 復興支援展示(2012)
  「koi鯉アートのぼりプロジェクト2012」福島大学・芸術による地域創造研究所
  「Postcards to Japan」片桐宏典&ケイト・トムソン(美術家)
  「マリ共和国の子どもたちからのタペストリー」
  「茶の絆:全米紅茶協会からの贈りもの」
 あそVIVAびじゅつかん2012(2012)
  「あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き」小沢剛(美術家)