企画展示


◆2024年度の企画展示スケジュール

美人画の雪月花 培広庵コレクション展 *終了しました
2024年3月23日[土]—5月12日[日]
 竹久夢二の「夢二美人」に代表される憂いを含んだ女性像や、モダンなライフスタイルを反映した新しい女性たちの姿が大正から昭和初期にかけて数多く描かれました。長い時間と情熱をかけてそうした「美人画」を蒐集してきた培広庵氏のコレクションから、上村松園や北野恒富、島成園、鏑木清方や伊東深水など、選りすぐりの名品約160点を特別公開します。これまで開催された培広庵コレクション展のなかでも最大規模の展覧会となります。
開館40周年記念展① 福島の美術家たち2024 
2024年5月25日[土]—7月22日[月]
 福島県立美術館では1984年の開館以来、折に触れて本県出身・ゆかりの美術家の回顧と顕彰に努めてきました。本展は過去3回にわたって開催した〈福島の美術家たち〉を継承し、主に90年代以降現在まで日本画・洋画・版画・立体・工芸の各分野で顕著な活動を続けてきた美術家40名をご紹介するものです。県内外で活躍する郷土作家の作品が一堂に会する貴重な機会にぜひご観覧ください。
開館40周年記念展② みんなの福島県立美術館 その歩みとこれから
2024年8月3日[土]—9月16日[月・祝]
 1984年7月に開館した福島県立美術館は今年40周年を迎えます。当初600点にも満たなかったコレクションは、その後の活動のなかで数を増やしていき、現在は4,000点以上に上ります。本展では、美術館のこれまでの歩みをコレクションや当時の資料とともに振り返ります。美術館のこれからについて一緒に考えてみませんか。
POP ART: THE FAB4 ポップアート:世界を揺るがしたアーティストたち(仮称) 
2024年10月26日[土]—12月15日[日]
 1960年代のアメリカに登場し、コミック雑誌や新聞広告、日用製品など日常生活にありふれたモチーフを用いて大衆文化のイメージを美術の中に取り込んだポップアート。本展はロバート・ラウシェンバーグ、ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタインらアメリカのポップアートを代表する4名の作家を中心に、版画やポスターの名品から、今なお注目を集めるポップアートの魅力とその歴史を辿ります。
日本中の子どもたちを笑顔にした 絵本作家 かがくいひろしの世界展 
2025年1月25日[土]—3月9日[日]
 累計発行部数900万部を超え、子どもたちに広く愛されている絵本「だるまさん」シリーズ。作者のかがくいひろしは長く特別支援学校の教員を務め、50歳で作家デビュー。その後、急逝するまでのわずか4年の間に珠玉の絵本を何冊も生み出しました。没後初の大回顧展となる本展では、絵本原画やアイデアノートとともに、教員時代に手がけた教材や人形劇などの記録をひもとき、かがくい絵本の魅力に迫ります。
THE 新版画 版元・渡邊庄三郎の挑戦 
2025年3月22日[土]—5月25日[日]
 版元・渡邊庄三郎は、大正期に浮世絵研究と販売を行うかたわら、同時代に通用する、美術品としての新たな木版画制作に取り組みました。国内外の新進気鋭の画家たちの作品を、彫師・摺師の協業のもと、複雑かつ華麗な彩色に「ざら摺り」など手摺りならではの技法を加え木版画にした「新版画」は現在でも高く評価されています。本展では渡邊版の初摺を通して、新版画の魅力と庄三郎の挑戦を伝えます。
常設展示


◆2024年度の常設展示スケジュール

第Ⅰ期コレクション展 [開催中]
2024年3月23日[土]—7月22日[月]
●プレイバック!福島の美術家たち
●関根正二と近代の洋画 関根正二《自画像》ほか
●海外作品の名品 モネ《ジヴェルニーの草原》ほか
●掌の版画 昭和初期の版画雑誌
第Ⅱ期コレクション展 
2024年8月3日[土]—9月16日[月・祝]
●石田智子・佐藤多持・小泉智英
●40年前の美術――1980年代の形象 
●生誕90年・秀島由己男
第Ⅲ期コレクション展 
2024年10月12日[土]—12月15日[日]
●生誕100年・伊砂利彦
●西洋版画の名作 シャガール〈死せる魂〉ほか
●没後10年・辰野登恵子とポスト・ミニマリズムの絵画
●特集・横尾忠則 〈聖シャンバラ〉、《葬列Ⅱ》
第Ⅳ期コレクション展 
2025年1月7日[火]—3月9日[日]
●新収蔵作品 松林雪貞ほか
●絵本を描いた芸術家 佐藤忠良、朝倉摂、元永定正ほか
●ベン・シャーンとアメリカ美術 《ラッキードラゴン》ほか
●斎藤清の木版画
第Ⅰ期コレクション展
2025年3月22日[土]—
(詳細未定)