企画展示


◆2023年度の企画展示スケジュール

(み)をつくし―大阪市立美術館コレクション ※終了しました
2023年3月21日[火・祝]—5月21日[日]
 1936年に開館した大阪市立美術館には、日本・中国の絵画や書蹟、彫刻、工芸など約8,500件を超える作品が収蔵されています。同館が2022年秋から改修のため休館するのを機に、そのコレクションより名品172件をご紹介します。歴史ある商都・大阪で築かれた東洋美術の精華をご堪能ください。
[特集展示]眼にうつる詩 ※終了しました
2023年5月30日[火]—6月18日[日]
 古くから美術と文学は親和的な関係にあると考えられてきました。物語を題材に制作したシャガールや、自ら詩作もした竹久夢二、文学者と交流した恩地孝四郎など、当館にも文学と関わりをもった芸術家の作品が収蔵されています。本展では当館の収蔵作品から美術と文学の多彩なつながりを紹介し、美術を通して文学史の一側面を辿ります。
ブルターニュの光と風 モネ、ゴーギャン、ボナール ─ 遥かなる理想郷 ※終了しました
2023年7月1日[土]—8月27日[日]
 フランス北西部に位置するブルターニュ半島は、風光明媚な自然と独自の文化をもち、多くの画家たちに愛されてきた地域です。本展では、ブルターニュに所在するカンペール美術館の収蔵品を中心に、45作家による逸品約70点をご紹介します。ポン=タヴァン派、ナビ派などの美術運動を生み出した同地の魅力をご堪能ください。
発掘された珠玉の名品 少女たち 夢と希望・そのはざまで 星野画廊コレクションより ※終了しました
2023年9月23日[土・祝]—11月12日[日]
 京都にある星野画廊は、星野桂三氏により、1973年開設された歴史ある画廊です。有名無名をとわず、きらめく個性に注目した収集方針は異彩を放ち、京都日本画の個性派画家・岡本神草、秦テルヲや、浅井忠門下の画家たちなどを、次々と発掘紹介しています。初公開を含む話題作約130点の展観は、ユニークなコレクションの魅力が満載です。
現代版画の小宇宙  金子コレクションから ※終了しました
2023年11月21日[火]—12月27日[水]
 福島県出身の精神科医・⾦⼦元久⽒は、現代日本版画や蔵書票の収集家でもあります。当館では2022年度に同氏から130作品の寄贈に加え、400点以上の作品の寄託を受けました。本展は黒崎彰や柄澤齊、李禹煥など、戦後の⽇本版画界を代表する作家から、シャガールのポスターまで、約250点の作品を通して、同氏のコレクションの全貌に迫ります。
福島アートアニュアル2024 二次の彼方に:安齋茉由、ク渦群、髙木ちゃー [開催中]
2024年2月3日[土]—3月3日[日]
 福島県立美術館は開館以来、福島県出身・ゆかりの若手作家を紹介する展示事業を継続的に開催してきました。「福島アートアニュアル」は、近年充実した創作活動を繰り広げている若手アーティストを紹介するシリーズ企画です。彼らの作品を通し、福島のアートの現況をご覧ください。
人画の雪月花 培広庵コレクション展
2024年3月23日[土・祝]—5月12日[日]
 大正から昭和初期の、「夢二美人」に代表される憂いを含んだ女性像や、モダンなライフスタイルを反映した「新しい女」たち…。情熱をかけて「美人画」を蒐集してきた培広庵氏のコレクションから、上村松園や北野恒富、島成園、土田麦僊ら京都大阪の画家や、浮世絵の流れをくむ鏑木清方、伊東深水、山川秀峰ら、東西美人画家の名品130点を特別公開。作品をとおして時代と世相、女性美の変化を楽しめる必見の展覧会です。
常設展示


◆2023年度の常設展示スケジュール

第Ⅰ期コレクション展 ※終了しました
2023年3月18日[土]—6月18日[日]
・春から初夏の日本画 小茂田青樹《薫房》、安田靫彦《茶室》ほか
・福島の洋画 鎌田正蔵、若松光一郎、橋本章ほか
・西洋の近代版画 エルンスト《博物誌》、ルオー《ミセレーレ》ほか
・追悼 大宮政郎
第Ⅱ期コレクション展 ※終了しました
2023年7月1日[土]—8月27日[日]
・勝田蕉琴と福陽美術会 湯田玉水、酒井三良、荻生天泉、松本榮ほか
・印象派とフランス美術 モネ《ジヴェルニーの草原》、ピサロ《エラニーの草原》ほか 
・日本の水彩画 後藤工志《[失題]》ほか
・小関庄太郎と芸術写真
第Ⅲ期コレクション展 ※終了しました
2023年9月16日[土]—12月27日[日]
・現代の工芸 緑川宏樹《裂》ほか
・安斎コレクションと石原コレクション
・アメリカの美術 ワイエス《松ぼっくり男爵》ほか
・斎藤清の木版画 〈会津の冬〉シリーズほか
第Ⅳ期コレクション展 [開催中]
2024年1月10日[水]—3月3日[日]
・戦後の日本画 横山操《闇迫る》ほか
・関根正二と大正期の洋画 関根正二《姉弟》ほか
・50年前の美術―再考1970年代 横尾忠則《葬列II》ほか
・アメリカの美術 ベン・シャーン《ラッキー・ドラゴン》
第Ⅰ期コレクション展
2024年3月23日[土]—(予定)
・詳細未定