お知らせ

NEW 活動事例紹介を更新しました(2019.5.5)

これまでの活用事例

教育区分ごとの事例をご覧いただけます。

幼稚園など 小学校 中学校 高等学校

補助教材別の活用事例

アートカード アートキューブ

ブログ

活用事例紹介

先生方からのアンケートより①

福島県立美術館アートカード「ぽけっとアート」を活用された先生から、実践についてアンケートにご協力いただきました。先生方からの感想などをご紹介します。

 

●使用した学年・人数:小学校(学年不明)、58名 

●使用の目的:授業、美術館見学行事の前後

●借用セット数:3セット

●1セットあたり:3~5名で使用

●あそびかた

 

 

●先生の感想

・子ども達は、美術館で実際に作品を見たときにカードと違っていて、大きさや雰囲気に驚いていました。

・作品の特徴を感じ取っていて、よい経験となりました。楽しく遊んでいてよかったです。

 

 

実践紹介⑥ 福島市立福島第四中学校

「福島四中からの発信~しあわせアートプロジェクト」

対象●2年生、企画委員会

担当教諭●丹野淳美先生

実施期間●2016年11月~2017年2月

 

内容

学校で展覧会のテーマを考え、テーマに沿ってアートカードを使って作品を選び、展示プランを立てた。大きなテーマを「しあわせ」に設定し、しあわせになるには特にどんな気持ちが必要かという問いかけに5つの気持ちを挙げ、各クラスの小テーマとした。

~各クラスのテーマ~

●感謝すること

●挑戦すること

●個性を尊重すること

●思いやりをもつこと

●信じること

 

【2年生美術科授業】

①10人程度のグループでアートカード全てを広げ、テーマに合うと感じた作品1枚を選ぶ
②選んだカードから、タイトルや作者、作品から想像したことなどをプリントに記入する
③自分が選んだ作品の解説文を、全員発表し、クラスで作品を数点に絞る

 

【企画委員会】

生徒会を中心とした企画委員会の生徒が、展示室の模型と「大きさくらべシート」をパネルに貼った作品のミニチュア模型を使い、作品の配置や順番などの展示プランを考えた。
①各テーマで選ばれた作品の整理
②小テーマごとの作品の選定  
③作品を展示する順番、位置を考える

 

~先生の感想~
何かに「効果的なアートを選ぶ」課題はこれ以前にも行っていましたが、今回はカードを使用することにより、すべての作品を並べて見ながら選べるので、選定が楽しくスムーズにできました。
実際に美術館に展示してもらえる、ということで、モチベーション高く活動できる生徒が多かったです。普段は文章表現を好まない生徒も、長い解説文を書いていたりしました。
今回は10人強あたり1セットをひろげました。「他の人とかぶらないセレクト」としたので、バラエティーに富んだ選定になりました。

 

実際の展示風景 

「Gallery F コレクション再発見展」2017年2月18日(土)~3月12日(日)

「実践 福島県立美術館アートカード」の中で、生徒達が考えた展覧会を、実際に作品を展示し再現しました。*平成28年度文化庁地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業