2017年9月の記事一覧

〜夏休みスペシャル〜 グルグルまわる!回転絵画をえがこう!


夏休み最後の日曜日。みんなで、グルグル回る不思議な絵画を描きました!

本日は、少し遅くなりましたが8月20日㈰に開催しました
「創作プログラム〜夏休みスペシャル〜
グルグルまわる!回転絵画をえがこう!のご報告です。

今回の創作プログラムは、現代美術作家:田中敦子さんの作品『WORK1968』の
常設展展示にあわせて開催いたしました。
(コレクション展Ⅱ 7月15日〜9月24日)

本日のメニューはこんな感じです。

まず、はじめに各々絵の具を丸いキャンバスにぬりぬりするところからはじまります。

自分の好きな色、夏をイメージした色など、みんな思い思いの色でキャンバスをぬりつぶしていきます。


えっ?なんでこんなことするの??って感じでしょうか。

はい。さて、それはおいといて。みなさん、グルグル回るものといえばなんでしょうか?

タイヤ! かざぐるま! そうですね。じゃあ、私からも回るもの・・・そう、回るとおもしろいものを
みんなに紹介しますね。(^_^)

回しながら読む不思議な絵本のよみきかせです。
でんぐり返し、回転寿司、ボール、おじいさん?洗濯機から地球まで、
どちらが上でも下でもない絵本のご紹介でした。

さぁて、なにを描こうかな?回るもの、回るとおもしろいもの、たのしいものって?

下書きからでもよし。

いきなり塗ってもよし。

みんな、何を描けばいいか悩むかなぁと思ったのですが、全然そんなこともなく・・。

どんどん描いていきます。


楽しそう。

お昼を食べたら、常設展示室で田中敦子さんの作品『WORK1968』の鑑賞会です。



この作品は、点滅する電球の光と絡み合う配線コードのイメージを絵にしたんだって。
そして、この作品はモーターでグルグル回っちゃうんだ!(映像でご紹介できないのが残念)
確かにこれなら上も下もないね。

鑑賞会が終わったら実習室に戻って、いよいよ、作品の仕上になります。
さて、どんな作品が完成したかな?
色々な色の自動車たちが・・・    ➡  花畑の周りをグルグル疾走します! すごい。。


こちらは働く自動車シリーズ?救急車もいるぞ。    ハムスターが転がるひまわりの種を追いかけます! かわいい。


動物たちが駆けまわる楽園 こちらもキュート! (上)自分のしっぽ?を追いかけるヘビですね。おもしろい!
                     (下)お花畑のコーヒーカップに乗って回るうさぎさんたち。いやされます。


(上)桜の花びらが舞うカラフルな観覧車!ステキですね。
                  (下)グルグルめぐるゲームの世界を表現しました!ご満悦。

皆さん、素敵な作品に仕上がりましたね!夏休みの宿題もこれでバッチリだった?かなぁ・・・。
もう、すっかり秋の気配。夏休みも遠い昔のようですね。

美術館の創作プログラムは、まだまだ続きます!秋のイベント、冬のイベント。
ぜひまた遊びにきてくださいね!

おしまい。

館長講座第3回目「キスリングとパスキン」

9月9日(土)、館長講座「~パリの異邦人~ エコール・ド・パリの芸術家たち」第三回目が行われました。
今回のテーマは「キスリングとパスキン」です。

二人の生涯や彼らの作品の魅力・特徴などについてお話になりました。
エコール・ド・パリの芸術家は多数いますが、比較してみると新たな発見もあり、より多くのことを感じられます。



次回は「藤田嗣治」です。
開講日時は以下の通りです。
日時:11月11日(土)
時間:10:30~12:00
場所:美術館講義室(聴講無料)
※今年度の受講ですが、定員に達したため申し込み受付は終了しました。ご了承願います。

ラルティーグ展、ギャラリートークを開催しました!

9月8日(金)、現在開催中の「ジャック=アンリ・ラルティーグ 幸せの瞬間をつかまえて」のギャラリートークを開催しました!


ラルティーグが日本でどのように取り上げられてきたのかという話からはじまり、彼が幼少期から晩年までに撮った写真について、会場を一緒に巡りながらご紹介しました。
ラルティーグが写真を撮っていた頃、美術界ではどのような動きがあったのか、当時のフランスの流行や影響などについても触れてお話しました。
途中、熱心な方から様々な質問が飛び交いながら、ギャラリートークは進んでいきました。


ラルティーグの魅力をじっくり味わうことができた1時間でした。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

ラルティーグ展の会期も残すところ1日となりました。
ぜひご来館ください!

チェキの作品を展示しています!


7月~8月に3回開催した「チェキで撮ろう!〇〇の瞬間」参加者の作品を、エントランスホールに展示しています!



今回のワークショップは、子どもから大人まで、たくさんの方々にご参加いただきました。
それぞれ動きの指示を出し合ったり、撮影のアングルを考えながら一枚一枚を撮っていました。
生き生きとした参加者のみなさんの表情も素敵です。

1日目



2日目


3日目


マリーニ《騎手》の右側、ムーア《母と子:腕》の奥の壁に展示しています。
展示はラルティーグ展最終日の10日(日)までです。
ご来館の際にはぜひこちらの展示もご覧ください!